自己破産の手続きの際にかかる弁護士費用はどのくらいか

同時廃止の場合の費用

自己破産の中で、同時廃止として自己破産の手続きをする場合の費用としては、およそ28万円くらいが弁護士費用となってきます。この同時廃止というのは、処分すべき財産がない場合であって、免責不許可事由に該当しない場合を指します。自己破産と同時に破産手続きを完了させるものであり、自己破産のおよそ9割は同時廃止となっています。他の自己破産手続きよりも弁護士費用も安くなるという特徴があります。ただし、弁護士費用は法律事務所によって自由に決められるので、相場よりも高めの法律事務所もあります。

管財事件にかかる弁護士費用

管財事件とは、自己破産を行う当事者に処分すべき財産があるときや免責不許可事由に該当することがあるような場合を指します。管財事件の場合は、裁判所が管財人を選定することになりますが、管財人は自己破産申立者の財産を調査して、債権者に処分した費用を分配することになります。管財人が選定された場合は、そこに費用が発生することになるので、同時廃止よりも弁護士費用も増えます。相場としては、およそ35万円くらいが相場となっています。

少額管財にかかる弁護士費用

少額管財とは、自己破産申立者の弁護人が管財人に協力する形をとることで、管財人にかかる費用を安くすることができるという手続きです。どのくらい安くなるのかというと、通常50万円かかる費用が20万円程度に抑えることができるようになります。ただし、その分弁護士費用が高くなるので、費用面に関しては管財事件とほとんど費用は変わりません。ただし、自己破産が免責となるまでの期間が圧倒的に短くなるというメリットがあります。

追い詰められるよりは、自己破産を選択したほうがいいですが、それをすると、いろいろ制限がかかることをきちんと理解したうえで、選択することが大切です。