NISA(ニーサ)で資産運用をしてみよう!

NISAってなんだろう

NISA(ニーサ)とは、少額投資非課税制度のことです。2014年1月からスタートした制度です。この制度は、株や投資信託などで得た利益に対して、一定期間、一定額を非課税にするものです。通常株などを購入し利益を得ると、20%課税されてしまいます。この課税がなくなるのがNISAです。購入できる金額は毎年120万円までで、非課税になる期間は5年間です。非課税になる投資金額の合計は、600万円までです。このようなNISAを始めるには、銀行や金融機関などで「少額投資非課税口座」を開設する必要があります。

非課税期間の5年間が過ぎるとどうなるの

NISAの非課税機関は5年間ですが、これが終わるとNISAの口座にあった株式などの商品は、一般口座などの課税口座に移されてしまうため、その後得た利益に関しては課税さます。5年後、課税口座に移したくないのであれば、翌年のNISA口座を利用して非課税にする必要があります。これを繰り返すことで、非課税のまま株式などの金融商品を持つことができるのです。制度の継続期間は、2014年から2023年までの10年間です。毎年120万円の非課税として投資することができます。”ぼろもうけ”とはいきませんが、法律に従って堅実に資産運用ができるのであれば、決して悪い話ではありませんね。

NISAをかしこく利用するにはどうすればいいの

NISAのしくみから考えると、短期投資向けの商品を買うより、長期投資向けの商品のほうが適しているでしょう。なぜならば、NISAは資産を売却した後、非課税枠をふたたび利用することができないからです。そのため、短期で何度も売買をする投資には向いていません。5年後に売却し、また新しい非課税枠で買い直すことで、さらに5年間非課税枠を利用することができるのです。このように長期投資で運用していくことで、制度のメリットが得られるのですね。いかがでしょう、少しはNISAについてお分かりいただけましたか。この制度を利用して、かしこく資産を運用しましょう。

ファンドの会社選びの極意は、やはり過去のデータを見て、安定的に経営ができているか、という点につきます。